話題のニュースをお届け

一人暮らしの人は危険な「独り言」に要注意!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自分以外誰もいない一人暮らしの小部屋。話し相手がいない部屋で、
つい独り言をつぶやいてしまった経験がある方もいるだろう。
テレビに向かってツッコミを入れるくらいならまだ良いが、
「度を越した独り言」はストレスや精神疾患の前兆であると
いわれることもある。
では、具体的にどんな独り言が“危ない”のだろうか? 
精神科医に聞いた。

一人暮らしだと「独り言」が増える? そのわけ
お話を伺ったのは、「ゆうメンタルクリニック」総院長のゆうきゆう先生。
まずは、そもそも一人暮らしの人々が独り言をつぶやいてしまう
理由について解説してもらった。
「一人で過ごす時が増えると、孤独を体感し、自分自身の思考や心を頭の中に
ためてしまいやすくなり、そうした心の揺らぎは心ぼそいものですが、
あえて言葉にして声にすることでそれを認め、心ぼそい気持ちや孤独といった
精神的なストレスを手立てすることができるとされています。

声に出すだけでなく『自分自身の声を聴く』というポイントでも
安堵感を得られるので、独り言が数多い方は自分で心の均衡を
取ろうとしているといえるでしょう」

また、独り言には「思考を整理する」という側面もあるようだ。
「ある人によっては、自分自身の思考や心を言葉にすることで、
自分で確信や納得を得ようという事例も見られます。
例えば、エンジニアなど一人で黙々と作業をする部類の仕事をしている方は
独り言が増える特性があるのですが、
これも自分自身の思考を一度言葉に出して整理し、
納得するプロセスを踏んでいる可能性があります。
独り言を言うことで自分自身と会話し回答を見つけようとしたり、
思考を明瞭化してそれを強化していく。
無意識で、そんな“自己強化”をしてしまうのではないでしょうか。

一方で、“感情的な独り言”のケースは不愉快感を発散するという役目を
担っていることもあります。
『ちくしょう!』などと一言いうだけで少しでも心が収まるのであれば、
本人なりのメンタルケアと捉えて、肯定的に見て良いでしょう」

病気の可能性も……「怖ろしい独り言」ってどんなもの?
しかし一方で、独り言もモノによっては精神的な病気が疑われる
事例もあるという。
「独り言がたくさんある病気の代表例は『統合失調症』や『うつ病』など。
その他の、『発達障害』や『自閉症スペクトラム障害』の方のなかには、
独り言が数多い特性の人がいます」

では、そうした精神的な病気の兆しとしての独り言とは、
具体的にどんなものだろうか?

「精神疾患の病状としての独り言は、妄想や幻聴、幻覚といったものへの
リアクションとして表れることが数多いです。
だから『突然怒る』や『誰かと話しているような言い方やトーン』などが
特性として挙げられるでしょう。
また、『殺してやる!』といった暴力的な言語を使用し始めたり、
独り言ではありませんが『突然笑ったりする』のも、
“疑わしい兆し”といえます」
独り言と一言に言っても、集中力を高めたり心を落ち着かせるような
「好ましい独り言」と、
安定しない精神状況から引き起こされる「良くない独り言」があるようだ。

両者にはどのような差異・特性があるのか、
具体例をさらに聞いてみると……

「例えば、アスリートが精神集中のためにつぶやく独り言は
『ポジティブな気持ちと結びつくもの』や
『意味はないが、繰り返すことで集中できる』といったものが多いでしょう。
ポジティブな気持ちと結びついている独り言は自分自身を肯定的に捉えやすくなり、
コンディションの良いときやかつて良い試合ができたときの感じを呼び起こし、
ポジティブにになれます。
結果として、言語の意味そのものよりも、自ら自身がその言語にどういった
イメージを結び付けているかが大切なのです。
自己対話として“今度は頑張ろう”といった『自分自身を励ますせりふ』や
『勇気づける言葉』をつぶやく方も少なくありませんよね。
いずれにせよ、心が軽くなったり、勇気づけられたりといった、
メンタルにプラスの作用をもたらす独り言は『好ましい独り言』といえるのでは
ないでしょうか」

では反対に、なるべくつぶやかないほうが良い「良くない独り言」とは?
「良くない独り言は、自分自身を落ち込ませたり、ネガティブなことに
固執してしまうと思われます。
例えばミスをしたとき、昔した失敗と結び付けて
『あの時もこうだった』『やはりわたしは駄目なんだ』などと、
自分自身を責めたり、落ち込ませて暗い感情にしてしまうものは
良い独り言とはいえませんね。
他者に対しても、『アイツは駄目だ。嫌いだ』などと、
相手方のきらいな部分に目を向けてしまう独り言は要注意です。
なぜなら、その人との対話において、
常にその様子を引きずってしまうことになるのです。

日ごろ考えていること、使っている言語の多数は、少なからず自分自身の心や
振る舞いに影響を与えているものなのです。
気づいたときに自分自身がネガティブな心を増やしていないか、
注意してみましょう」

尚、一人暮らしでありがちな「テレビにツッコミを入れる」独り言は
どうなのだろう?
「そうした、“誰もがもつい言ってしまうくらいの独り言”であれば
問題ないでしょう。
テレビに相槌を打ったりツッコミを入れるのもそうですし、あるいは
『これからやろうとしていることの段取りを一個ずつ声に出す』だったり、
何かを思い出したときに『あっ! ○○しなきゃ!』などと
うっかり言ってしまうレベルであれば問題ありませんのでご大丈夫です」
ともあれ、独り言は気持ちの内を表すサインの一つであるようだ。
例として挙がった“危いな独り言”が増えてきたら、ストレスを和らげる
何らかの対処が欠かせないのかもしれない。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。