話題のニュースをお届け

【SUBWAYが出してるチキン】偽物だった…これ見てもまだ食える?(画像有り)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

カナダ放送協会CBCがファーストフードチェーンショップ
SUBWAY(サブウェイ)のローストチキンをDNA鑑定したところ、
鶏肉はたったの50%しか入っていなかったことが判明した。

トレント大学DNA研究所のマット・ハーンデン教授が指揮をとって、
各ファーストフードショップのチキンサンドイッチを調査した。

一般に飲食店鋪で出されるチキンは調味料や添加物等で味付けされているため、
「鶏肉100%」という結論が出ることはほぼない。
しかしこの度検証した5店舗中4店舗がそれに近い数字を出していた。

一方SUBWAYのチキンは”考えられないほど低レベルの数字”を示したため、
研究グループは再検証をかねて
「2種のチキンを新しく5個ずつ注文し直した」そう。
その平均を割り出した際、不当表示とも言える数字が出てきたのだ。

この度調査に参加した一般の女性たちからは
「鶏肉が50パーセントも入ってないとはだまされた気がする」
「詐称ではないか」といった意見が出ている。
ファーストフード店 チキンDNA鑑定の結果
・A&W/チキングリル[鶏肉89.4%]
・ウェンディーズ/グリルチキン[鶏肉88.5%]
・ティムホートンズ/チキングリル[鶏肉86.5%]
・マクドナルド/カントリーチキン[鶏肉84.9%]
・サブウェイ/ローストチキン[鶏肉53.6%]
・サブウェイ/てり焼きチキン[鶏肉42.8%]

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。